海外FXコラム 海外FXって違法ではない、金融庁の管轄外という立ち位置

海外FXって違法ではない、金融庁の管轄外という立ち位置

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

海外FXは日本国内のレバレッジ規制の影響を受けないなど、トレーダーにとって魅力的な環境となっていますが、なんとなく違法行為に思えて口座開設まで至らないという人も多いと思います。結論からいえば、海外FXを利用するのは違法ではありません。

海外FXには日本の法律が適用されない

基本的に法律とは、その国の内部に向けて効力を発揮するものであり、日本の法律であれば日本国内での事象にしか影響を及ぼしません。FXの場合、国内業者であれば金融庁が管轄し、金融商品取引法に基づいた運用がなされているかチェックされているのですが、海外FX業者であれば管轄外となりますので、金融庁は何もする必要がありません。

海外で合法とされる行為であって、日本では違法とされる行為を海外で行った場合、日本の法律で罰することはできません。逆に、日本で合法とされる行為であり、海外で違法とされる行為を海外でやった場合には、その国の法律によって処罰されることになります。

事業活動においても上記同様の法律の運用がされているため、海外FXを利用しても、その国の法律が適用されるだけなので違法とはならないのです。

海外FXを利用して違法となる場合

一般の投資家が海外FXを利用して違法になるケースとして考えられるのが、脱税です。少額でハイレバレッジをかけ、大きな利益を手にしやすい海外FXで儲けたお金を申告せずに税金を払わない行為は、脱税行為として違法になります。税務申告の対象となるのは確定利益を基準とするため、引き出さずに口座内に多額の資金を残したままとしておいても、脱税とみなされる可能性がありますので、その点には注意しておきましょう。

海外FXを利用して脱税で摘発される人が多いため、海外FXを利用するのは違法であると考えるひとが多いのかもしれません。繰り返しとなりますが、海外FXを利用するのは違法ではないのです。

海外FXは金融庁の管轄外だが違法ではないのまとめ

海外FXの利用が違法でない理由は、上記のようにその国の法律が適用されるためであり、金融庁の管轄対象ではないからです。しかし、金融庁の管轄外であるということは、何かトラブルが生じたとき、すべて自己責任となってしまうということを意味しています。そのようなトラブルに巻き込まれないようにするためには、XMのような日本人利用者の多い信頼に値する海外FX業者を利用することが大切です。まずは念入りに情報収集してみるよう心がけてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本人利用者No1のXM Trading(XMトレーディング)

おすすめ度 ★★★★★

日本でも認知度も人気度も一番高い海外FX業者です。XMは世界に70万人以上の顧客を持つグローバルな海外 FX業者です。従業員数も180名を超え、日本人スタッフも15名以上在籍しています。
日本語サポートも充実しており、チャットでサポート対応もしてくれます。そういった経緯から現在日本人利用者が最も多い業者で、初心者から上級者まで幅広い層から定評がある会社です。
どこに口座開設をしようかな?と悩んでいる人はまず手始めにXMをおすすめします。

PCでもスマホでも利用可能で、日本語対応もバッチリです。日本人利用者が一番多い事から情報も多く安心して利用できます。


口座開設はこちら

コメントを残す

*