海外FXコラム 海外FXと国内FXの差は信用と安全とリスクヘッジで決まる

海外FXと国内FXの差は信用と安全とリスクヘッジで決まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

国内FX業者に口座を持ってトレードしていたものの、海外FX業者の口座を開設して、資金移動させる人が続々と増えています。その理由は、海外FX業者のほうが魅力的だからにほかなりません。以下では、海外FX業者が国内FX業者に比べてどこが優れているのか紹介していきます。

海外FX業者のほうがレバレッジが魅力的

今日、FXが投資先として確固たる地位を築き上げたのは、過去に200倍というハイレバレッジで取引ができたのが普通であり、少額でも大きな利益を手にできる時代があったためです。DMMやみんなのFX、外為ジャパンなど、ほとんどの国内FX業者で200倍でのトレードが普通にできました。しかし、大人の事情によってどんどんレバレッジ規制が繰り返され、今日の25倍にまで至ります。しかし、海外業者であれば日本のレバレッジ規制の適用がされませんので、ハイレバレッジでトレードできる環境となっています。少額で多額を稼ぐというFXならではの魅力が、海外FXにはまだ残されているといえるでしょう。

海外FX業者のゼロカットシステムは安全

国内FX業者の場合、相場が不利な方向へと動き、証拠金維持率が100%を切れば、追証を払い込むように催促されますので、ポジションを維持したければ余計に証拠金を入金しなければならず、追証の支払原資のも事欠くようになれば、予期せぬ大きな損失を被ることにもなりかねません。これだけなら追証を支払わなければいいのかもしれませんが、相場の急変時に予期せぬ追証が発生する場合が問題となります。

相場が過度な急変をした瞬間、値が飛んだり、ロスカット機能が機能不全に陥ったりすると、マイナスとなった追証はポジションの維持とは関係なしに払い込まなくてはなりません。そのように口座開設時の約款にも記載されていますので、それに同意した以上は支払い義務があります。いろいろと納得いかないシステムですが、海外FXであればこのようなリスクを負うことはありません。追証はありませんので、入金した証拠金以上に損失は生じません。

海外FXと国内FXの違いはここのまとめ

海外FX業者と国内FX業者のどちらを利用したほうがいいのかは、海外FX業者へとトレーダーが流入している様子を見れば明らかです。FXで成功するには、より有利なトレード環境を手に入れるのが鉄則なので、大勢の人々が海外FXに流れている以上、国内FX業者より海外FX業者のほうが優れていると評価されていることに他なりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本人利用者No1のXM Trading(XMトレーディング)

おすすめ度 ★★★★★

日本でも認知度も人気度も一番高い海外FX業者です。XMは世界に70万人以上の顧客を持つグローバルな海外 FX業者です。従業員数も180名を超え、日本人スタッフも15名以上在籍しています。
日本語サポートも充実しており、チャットでサポート対応もしてくれます。そういった経緯から現在日本人利用者が最も多い業者で、初心者から上級者まで幅広い層から定評がある会社です。
どこに口座開設をしようかな?と悩んでいる人はまず手始めにXMをおすすめします。

PCでもスマホでも利用可能で、日本語対応もバッチリです。日本人利用者が一番多い事から情報も多く安心して利用できます。


口座開設はこちら

コメントを残す

*