海外FXコラム レバレッジ888倍で計算!稼ぎやすさと必要証拠金・維持率を解説

レバレッジ888倍で計算!稼ぎやすさと必要証拠金・維持率を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

国内FX業者ではどんなに高くても25倍のレバレッジしかかけられませんが、日本人人気No.1の海外FX業者XM(XMTrading)では最大888倍のレバレッジをウリにしています。

海外FX業者の最大レバレッジは軒並み高くて、中には1,000倍や3,000倍という業者もあります。しかし、「あんまりハイレバレッジでもリスクが高まりそう…」と不安な方もいるかもしれません。

そこで今回は、XMの最大レバレッジ888倍を例にとって、「レバレッジ888倍は何がいいのか?」「25倍と比べて稼ぎやすさはどのくらい違うのか?」「必要証拠金はどの程度違ってくるのか?」など、さまざまな視点からハイレバレッジの世界をたっぷり紹介します。

この記事を読んで分かること
  • 証拠金(用意する資金)が少なくて済むレバレッジ888倍は最高!
  • 実際の取引ごとにレバレッジは調整できるので、888倍に設定しておけばOK
  • 追証なしのゼロカットシステムのおかげで、レバレッジが高くても安心
  • 同じ軍資金でも25倍と比べて稼げる可能性は段違いに高い
  • レバレッジ888倍が使えない(制限される)ケースが4つある(ゼロ口座・証拠金残高が多い場合・マイナーペアの取引・経済指標発表時など)

後半では、レバレッジ888倍での必要証拠金がいくらになるかをまとめた一覧表と、どの程度の値動きがあるとロスカットされてしまうのかをまとめた一覧表も紹介しています。

実際レバレッジ888倍でどんな取引ができるのか事前にイメージしたい方は、ぜひ最後までお読みいただければ幸いです。

1. XMの高いレバレッジ888倍は全てのトレーダーにおすすめ

出典:XMTrading公式サイト

XM(XMTrading)のレバレッジは最大888倍となっています。スキャルピング向きのZero口座は500倍ですが、それ以外のスタンダード口座・マイクロ口座で888倍のレバレッジを効かせたトレードが可能です。

ハイレバレッジに慣れていない方は「レバレッジ888倍って…大丈夫なの?」と思うかもしれませんが、結論から言うと、レバレッジの最大値は高ければ高いほど恩恵を受けられるためおすすめです。

1-1. 証拠金が少なくて済む(少額でトレードできる)

同じポジションを持つ場合で比較した時、レバレッジが高ければ高いほど、必要証拠金が少なくて済みます。つまり、潤沢な資金がなくてもトレードを行えるメリットがあります。(必要証拠金とは、取引を行うために必要となる資金の金額をいいます。)

以下は、1万通貨(0.1lot)のポジションを持つための必要証拠金をまとめた表です。

レバレッジ倍率 ドル円(100円の場合)
25倍(国内FXの最大値) 4万円
100倍 1万円
400倍 2,500円
888倍(XMのレバレッジ) 約1,126円

国内FX業者ではどんなに高くても最大25倍までしかレバレッジをかけられません。つまり、1万通貨の取引をするためには最低でも4万円を用意する必要があります。ところが888倍のレバレッジをかけられるXMならば、千円ちょっとで同じポジションを持つことができるのです。

最初は少ない資金からFXを始めたい!という方は、レバレッジが高いFX業者を選ぶことに大きなメリットがあります。

1-2. 実際のレバレッジは取引ごとに調整できる

証拠金の面ではレバレッジが高い方がメリットが大きいことは分かっても、「レバレッジが高い口座を選んでしまうのは不安」という方もいるかもしれません。

しかし、XMで口座のレバレッジを888倍に設定していたとしても、取引ごとにレバレッジを調整できるため心配は要りません。XMのレバレッジ888倍とは、1~888倍の間でレバレッジを選べるよ、という意味なのです。

実際のレバレッジ(実効レバレッジ)は、保有したいポジション(取引数量×レート)と証拠金によって変わります。

実効レバレッジ=取引数量×各通貨の現在レート÷有効証拠金

例えば、1万通貨(0.1lot)の取引をする際に現在レートがドル円100円、有効証拠金が5万円なら、(10,000×100)÷50,000=20となるため、実効レバレッジは20倍となります。

このように、XMのレバレッジ設定を888倍にしていたとしても、有効証拠金の金額に合わせてレバレッジ倍率は取引ごとに変わるため、自分でしっかり管理できていれば問題ありません。

1-3. 追証なしのゼロカットシステムがあるから安心

海外FX業者には「追証なしのゼロカットシステム」が備わっています。これは、万が一ロスカットが間に合わなくて口座残高がマイナスになったとしても、FX業者がそのマイナス分を負担してくれて口座残高をゼロにリセットしてくれる仕組みのことです。

国内FX業者にはこうした仕組みは無いため、万が一口座残高がマイナスになった場合は、その分をトレーダーが補填(追加入金)しなければなりません。ゼロカットシステムがあれば借金を負うことは無いため、海外FX業者の大きな強みといえるでしょう。

もちろんXMにもこの「追証なしのゼロカットシステム」機能が備わっています。しかも、多くのトレーダーがマイナス残高を背負ったスイスフランショック事件の時にもしっかりとゼロカットを発動し、どのトレーダーからも追証を請求していません。

1~3倍程度の低レバレッジであればロスカットされる可能性がほぼありません。ですがハイレバレッジでトレードする人にとって、ロスカットやマイナス残高になってしまう危険性は常に考えておかなければならないリスクです。しかしXMなどゼロカットシステムがある業者ならば、残高が大きくマイナスになるような損失を出したとしても口座残高以上の借金を負うことが無いため、リスクが軽減されるのです。

XMのゼロカットについてさらに詳しく知りたい方は「XMのゼロカットとは?執行条件やリセットを早める方法を解説」の記事もご覧ください。

2. レバレッジ888倍と25倍の稼ぎやすさを比較

ここからは、レバレッジ888倍だと国内25倍と比べてどれほど稼ぎやすいのか、そのポテンシャルを比較していきたいと思います。

2-1. レバレッジ888倍だと資金が1/30で済む

先ほど1章でも説明した通り、レバレッジが高ければ高いほど、同じポジションを持つための必要証拠金が少なくて済みます。では、10万通貨(1Lot)のポジションを持つためには、どの程度違いが表れるでしょうか。

必要証拠金の計算式は以下のようになります。

取引に必要な証拠金=取引数量×各通貨の現在レート÷レバレッジ倍率

ドル円レートが100円の場合、10万通貨買うためには通常(1倍)なら1,000万円かかります。これを、25倍、888倍で割ると、それぞれのレバレッジ倍率の場合にいくら証拠金が必要となるかを計算できます。

レバレッジ倍率 ドル円(100円の場合)
25倍(国内FXの最大値) 40万円
888倍(XMのレバレッジ) 約1.1万円

国内FXでは40万円を用意しなければならない一方で、XMならたった1.1万円で済みます。国内FXと比較すると、30分の1の資金を用意すれば同じトレードを実現できる計算です。

FXを始める際に40万円が必要と言われたら尻込みしてしまいますが、1万円程度なら用意できる方が多いのではないでしょうか。トレードを始めるための敷居が低いことがXMや海外FXの魅力であり、初心者でも気軽に参入できるため稼ぎやすさにつながる要因のひとつと言えます。

2-2. 同じ軍資金でもレバレッジ888倍だと稼げる可能性が段違い

次に、例えば同じ1万円を用意した場合に、レバレッジ888倍のXMと国内25倍だとどの程度利益に差が出てくるのかを計算してみましょう。

レバレッジ倍率が888倍だと、1万円で888万円分のポジションを持つことができます。

レバレッジ倍率 1万円で持てる
ポジション
1円動いた時の
利益
25倍 25万円 2,500円
888倍 888万円 8.8万円

さらに、1円動いた時の利益は、国内FX業者なら2,500円ですが、レバレッジ888倍でトレードしていた場合、8.8万円となります。同じ元手と同じ値動きでも、レバレッジが888倍だと稼げるポテンシャルが段違いに高いことが分かりますね。

3. レバレッジ888倍での証拠金や維持率の計算方法

この後は「レバレッジ888倍ってどんな取引ができるの?」ということをイメージしてもらえるよう、レバレッジ888倍で取引する場合のさまざまな数字をお見せしていきたいと思います。例えば、レバレッジ888倍だとどのくらいの必要証拠金になるのか、どのくらいでロスカットされてしまうのかなどです。

4章と5章で一覧表をお見せして解説していきますが、その前に、証拠金の計算方法と証拠金維持率の計算方法についても簡単に説明します。

なお「数字が苦手」という方は無理に計算方法を覚える必要はありません。この記事でも参考になる一覧表を載せていますし、わざわざ自分で計算しなくても計算ツールを利用すれば簡単に答えを出せるからです。なんとなく理解すればOKという軽い気持ちでザっと読み進めてみてください。

3-1. 必要証拠金の計算式

必要証拠金とは、ポジションを持つために必要となる金額がいくらかということです。例えば先ほどの例で、適用レバレッジ888倍、ドル円(1ドル=100円)の時に10万通貨(1Lot)のポジションを持つためには、口座にある残高(有効証拠金)が約1.1万円無ければ取引ができません。

必要証拠金の計算式は以下です。

必要証拠金=取引数量×各通貨の現在レート÷レバレッジ倍率

例:10万通貨×ドル円100円÷888倍=約1.1万円
なお、この必要証拠金の計算は、XM公式サイトにある証拠金計算機でも簡単に求めることができます。

また、日野ソフトウェアが公開している「証拠金シミュレーター」もさまざまな計算を簡単に算出できるサイトでおすすめです。

3-2. 証拠金維持率の計算式

証拠金維持率とは、ポジションの必要証拠金に対して、有効証拠金(現在の口座残高や時価評価総額の合計)がどのくらいの割合かを示した数字です。

FX取引をする時になぜ証拠金維持率を気にする必要があるかというと、一定の証拠金維持率を下回った時点でロスカットが執行されてしまうからです。例えばXMではロスカットされる証拠金維持率は20%と決まっています。

所有しているポジションの損失が増えていき証拠金維持率が20%を下回った時点でロスカットが発動し、強制的にポジションが決済されてしまいます。

証拠金維持率の計算式は以下の通りです。

証拠金維持率 = 有効証拠金 ÷ 必要証拠金 × 100

ここで言う有効証拠金とは、口座残高+クレジット(ボーナス)+未実現の損益(含み損や含み益)を全て足した金額なので、リアルタイムで金額が変わってきます。

現在の有効証拠金がいくらかは、XMの取引ツールでリアルタイムに表示されるため、その都度確認しましょう。

4. レバレッジ888倍の時の必要証拠金一覧

888倍のレバレッジで取引したい場合、ロットごとにいくら必要証拠金を用意する必要があるのか、一覧表にまとめました。USD/JPYだけですが、取引の際にぜひ参考にしてみてください。

前提条件
  • 口座種類:スタンダード口座
  • 口座の基本通貨:円(JPY)
  • 取引通貨ペア:ドル円(1ドル=100円と仮定)
  • 適用レバレッジ:888倍
ロット数 必要証拠金の金額
0.01Lot 約113円
0.05Lot 約563円
0.1Lot 約1,126円
0.5Lot 約5,630円
1Lot 約11,261円
5Lot 約56,306円
10Lot 約112,612円
50Lot 約563,063円
100Lot 約1,126,126円

その他の必要証拠金を計算する場合は、XM公式サイトにある証拠金計算機が便利です。

5. レバレッジ888倍でロスカットに耐えられる損失一覧

次に、レバレッジ888倍ではどの程度価格が動くとロスカットが発動してしまうのかを見ていきます。

先ほども解説した通り、XMでは証拠金維持率が20%を下回ると強制的にポジションが解消されてしまうロスカットが発動します。ロスカットされてしまうと損失が強制的に確定してしまうため、できれば避けたいですよね。そのために、どの程度値動きがあるとロスカットされてしまうのか常に意識しておくことが大切です。

ここでは、口座残高ごとにロスカットに耐えられる許容損失を表にまとめました。

前提条件
  • 口座種類:スタンダード口座
  • 口座の基本通貨:円(JPY)
  • 取引通貨ペア:ドル円(1ドル=100円と仮定)
  • 適用レバレッジ:888倍

※スプレッドは許容損失に加味していません。

5-1. 口座残高5万円の場合

取引サイズ 必要証拠金 許容できる含み損 許容pips
1万通貨
(0.1Lot)
約1,126円 約-49,775円 約±497.75pips
約±4.97円
10万通貨
(1Lot)
約11,261円 約-47,748円 約±47.748pips
約±0.47円
50万通貨
(50Lot)
約56,306円 エントリー不可 エントリー不可

5-2. 口座残高10万円の場合

取引サイズ 必要証拠金 許容できる含み損 許容pips
1万通貨
(0.1Lot)
約1,126円 約-99,774円 約±997.74pips
約±9.97円
10万通貨
(1Lot)
約11,261円 約-97,748円 約±97.748pips
約±0.97円
50万通貨
(50Lot)
約56,306円 約-88,739円 約±17.74pips
約±0.17円
100万通貨
(100Lot)
約112,612円 エントリー不可 エントリー不可

5-3. 口座残高30万円の場合

取引サイズ 必要証拠金 許容できる含み損 許容pips
1万通貨
(0.1Lot)
約1,126円 約-299,775円 約±2997.75pips
約±29.9円
10万通貨
(1Lot)
約11,261円 約-297,748円 約±297.748pips
約±2.97円
50万通貨
(50Lot)
約56,306円 約-288,739円 約±57.74pips
約±0.57円
100万通貨
(100Lot)
約112,612円 約±27.74pips 約±27.74pips
約±0.27円

5-4. 口座残高50万円の場合

取引サイズ 必要証拠金 許容できる含み損 許容pips
1万通貨
(0.1Lot)
約1,126円 約-499,775円 約±4997.75pips
約±49.97円
10万通貨
(1Lot)
約11,261円 約-497,748円 約±497.74pips
約±4.97円
50万通貨
(50Lot)
約56,306円 約-488,739円 約±97.74pips
約±0.97円
100万通貨
(100Lot)
約112,612円 約-477,478円 約±47.74pips
約±0.47円

6. レバレッジは888倍以下に制限されることがあるので注意

ここまでXMのレバレッジ888倍について解説してきましたが、ひとつだけ注意点があります。それは、888倍のレバレッジを使いたくても使えない場合があるということです。

6-1. レバレッジが制限されるケース①ゼロ口座

XMには3種類の口座があります。スタンダード口座およびマイクロ口座ではレバレッジが最大888倍ですが、ゼロ口座(XMTrading Zero口座)では500倍までとなっています。

取引サイズ スタンダード
口座
マイクロ
口座
ゼロ口座
概要 通常口座 小さい取引サイズに
特化した口座
低スプレッドに
特化した口座
最大レバレッジ 888倍 500倍

ゼロ口座は、スタンダード口座やマイク口座と比べてスプレッドが低く設定されている口座で、スキャルピングトレードなどに向いています。ただし888倍のレバレッジは選べないため、注意が必要です。


ゼロ口座について詳しく知りたい方は「XMゼロ口座とは?利用するメリットや他業者とのスプレッド比較を解説」をご覧ください。

6-2. レバレッジが制限されるケース②証拠金残高が多い場合

XMでは、有効証拠金の金額が多くなると、レバレッジが200倍や100倍に制限されます。XMでのレバレッジ設定を888倍にしていても自動でレバレッジ制限がかかるため注意してください。

有効証拠金 最大レバレッジ
2万ドル以下 888倍(ゼロ口座は500倍
2万ドル超~10万ドル 200倍
10万ドル超 100倍

つまり、口座残高が2万ドル(約200万円)を超えてくるとレバレッジ制限がかかり、888倍のレバレッジをかけたトレードはできなくなります。

6-3. レバレッジが制限されるケース③マイナーペアの取引

マイナーペア(例えばドル/トルコリラなど)のFX取引をする場合、最大レバレッジが888倍ではなく50倍・100倍・400倍に制限されます。

最大レバレッジ50倍の通貨ペア
  • EURDKK(欧州ユーロ/デンマーククローネ)
  • EURHKD(欧州ユーロ/香港ドル)
  • GBPDKK(英国ポンド/デンマーククローネ)
  • USDDKK(米国ドル/デンマーククローネ)
  • USDHKD(米国ドル/香港ドル)
  • USDCNH(米国ドル/中国人民元)
  • EURRUB(欧州ユーロ/ロシアルーブル)
  • USDRUB(米国ドル/ロシアルーブル)
最大レバレッジ100倍の通貨ペア
  • USDTRY(米国ドル/トルコリラ)
  • EURTRY(欧州ユーロ/トルコリラ)
最大レバレッジ400倍の通貨ペア
  • CHFJPY(スイスフラン/日本円)
  • CHFSGD(スイスフラン/シンガポールドル)

その他、CFD商品もレバレッジが商品ごとに決められています。例えばダウ平均(US30)は33.3倍、日経225(JP225)は200倍などです。取引前に確認してみましょう。

6-4. レバレッジが制限されるケース④経済指標発表時など

重大な経済指標発表時など大きな価格変動が見込まれる場面では、一時的に特定通貨のレバレッジが制限される可能性があります。

例えば、イギリスやスウェーデンの総選挙があった際に、関連国の通貨ペアのレバレッジが100倍~200倍に一時的に引き下げられたことがあります。いずれも1~2営業日以内にはレバレッジ制限は解除されました。

この場合、XM側がレバレッジを規制するため、自分でレバレッジを888倍に戻すということはできません。

7. レバレッジ888倍のXMのクチコミ

最後に、XMのレバレッジ888倍はトレーダーにどのように評価されているのか、Twitterで実際にツイートされたクチコミを紹介していきます。

XMのレバレッジ888倍についてのクチコミを検索してみたところ、良い方向に評価しているトレーダーがほとんどでした。その多くはやはり、資金効率が良く、元手が少額でも大きく稼げる点を評価しています。

一方で、レバレッジ888倍をかけるとあっという間に資金が無くなるというデメリットを書いたクチコミもありました。レバレッジが高いほど、相場がわずかに動いただけでも損失額が大きくなるため、資金が一気に減ってしまうデメリットはあります。

このデメリットを避けるためには、大きなロットのポジション量を持ち過ぎないことが大切です。自分の全財産に対してのポジション量管理をしっかりとしたうえで、XMのレバレッジ888倍取引を楽しみましょう。

まとめ

この記事では、「レバレッジ888倍ってどんな世界?」ということが分かるよう、さまざまな情報をお伝えしてきました。

レバレッジが高いことの最大メリットは、実際に用意できる資金が少なくても、大金を用意できたと同じようなトレードをできる点にあります。その分ロスカットされやすいデメリットはありますが、当たればでかい夢のような世界が広がっています。

証拠金の金額を調整することで実効レバレッジを調整しながら取引できますので、その場その場で戦略を立てながらハイレバレッジに挑戦してみてはいかがでしょうか。
国内と海外の最大レバレッジについてさらに知りたい方は、「FXの最大レバレッジは国内25倍・海外3,000倍!実例で解説」の記事もぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本人利用者No1のXM Trading(XMトレーディング)

おすすめ度 ★★★★★

日本でも認知度も人気度も一番高い海外FX業者です。XMは世界に70万人以上の顧客を持つグローバルな海外 FX業者です。従業員数も180名を超え、日本人スタッフも15名以上在籍しています。
日本語サポートも充実しており、チャットでサポート対応もしてくれます。そういった経緯から現在日本人利用者が最も多い業者で、初心者から上級者まで幅広い層から定評がある会社です。
どこに口座開設をしようかな?と悩んでいる人はまず手始めにXMをおすすめします。

PCでもスマホでも利用可能で、日本語対応もバッチリです。日本人利用者が一番多い事から情報も多く安心して利用できます。


口座開設はこちら

コメント

コメントを残す

*