海外FXコラム 最大レバレッジが高い海外FXおすすめランキング!35口座を徹底比較

最大レバレッジが高い海外FXおすすめランキング!35口座を徹底比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

海外FXの魅力といえば、何といってもレバレッジの高さです。国内FXでは日本の金融庁の規制により最大でも25倍までしか掛けられませんが、海外FXなら最大300倍~400倍が当たり前で、中にはなんと最大5,000倍の口座もあります。

ただし、最大レバレッジが5,000倍でも証拠金残高の金額によって500倍に制限されるなど「レバレッジ制限」がある口座も多くあります。つまり、真のハイレバレッジ口座を見極めるには、最大レバレッジだけでなくレバレッジ制限にも留意する必要があります。

今回は、海外FX15業者35口座の最大レバレッジを徹底比較するとともに、レバレッジ制限・最小注文数・ロスカット水準を同時にまとめて比較表を作成しました。

「ハイレバレッジでトレードしたい」という方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

1. 海外FX15業者35口座の最大レバレッジ比較ランキング

海外FX15業者35口座を、最大レバレッジが高い順番にランキングにしました。最大レバレッジはあくまで「最大の」レバレッジなので、証拠金残高による制限がある場合は「レバレッジ制限」の欄をご覧ください。

最大
レバレッジ
海外FX業者 口座名 レバレッジ制限
(証拠金残高ごと)
最小注文数 ロスカット
水準
5000倍(限定) GEMFOREX レバレッジ5000倍口座 500倍(200万円以上) 1ロット
10万通貨
20%
3000倍 FBS マイクロ口座 2000倍(200〜2000ドル)
1000倍(2000~5000ドル)
500倍(5000~30000ドル)
200倍(30000~150000ドル)
0.01ロット
1,000通貨
20%
FBS スタンダード口座 2000倍(200〜2000ドル)
1000倍(2000~5000ドル)
500倍(5000~30000ドル)
200倍(30000~150000ドル)
0.01ロット
1,000通貨
20%
FBS ゼロスプレッド口座 2000倍(200〜2000ドル)
1000倍(2000~5000ドル)
500倍(5000~30000ドル)
200倍(30000~150000ドル)
0.01ロット
1,000通貨
20%
1000倍 IS6FX(旧is6com) マイクロ口座 500倍(2万ドル以上)
200倍(5万ドル以上)
100倍(10万ドル以上)
0.05ロット
50通貨
50%
IS6FX(旧is6com) スタンダード口座 500倍(2万ドル以上)
200倍(5万ドル以上)
100倍(10万ドル以上)
0.01ロット
1,000通貨
50%
GEMFOREX オールインワン口座 500倍(200万円以上) 0.01ロット
1,000通貨
20%
GEMFOREX ノースプレッド口座 500倍(200万円以上) 0.01ロット
1,000通貨
20%
FBS セント口座 500倍(5000~30000ドル)
200倍(30000~150000ドル)
0.01セントロット
10通貨
20%
HotForex MICRO口座 75倍(300,000ドル以上) 0.01ロット
1,000通貨
10%
IronFX 変動スプレッド口座 500倍(10万円〜500万円)
200倍(500万円〜1,000万円)
100倍(1,000万円以上)
0.01ロット
1,000通貨
20%
MILTON SMART口座 500倍(1001ドル~10,000ドル) 0.01ロット
1,000通貨
100%
MARKETS 200倍(10,001ドル以上)
instaforex InstaStandard 600倍(1,000ドル以上)
100倍(5,000,000ドル以上)
50倍(20,000,000ドル以上)
0.01ロット
100通貨
10%
instaforex InstaEurica 600倍(1,000ドル以上)
100倍(5,000,000ドル以上)
50倍(20,000,000ドル以上)
0.01ロット
100通貨
10%
instaforex CentStandard 0.1ロット
10通貨
10%
instaforex CentEurica 0.1ロット
10通貨
10%
888倍 XM Trading マイクロ口座 200倍(200万ドル以上)
100倍(10万ドル以上)
MT4:0.01ロット10通貨
MT5:0.1ロット(100通貨)
20%
XM Trading スタンダード口座 200倍(200万ドル以上)
100倍(10万ドル以上)
0.01ロット
1,000通貨
20%
700倍 VirtueForex スーパーボーナス口座 300倍($30,000または¥3,000,000以上の場合) 0.01ロット
1,000通貨
90%
555倍 BigBoss プロスプレッド口座 口座残高によるレバレッジ制限なし 0.01ロット
1,000通貨
20%
500倍 XM Trading XM Zero口座 200倍(200万ドル以上)
100倍(10万ドル以上)
0.01ロット
1,000通貨
20%
TitanFX スタンダード口座(STP) 口座残高によるレバレッジ制限なし 0.01ロット
1,000通貨
20%
TitanFX ブレード口座(ECN) 口座残高によるレバレッジ制限なし 0.01ロット
1,000通貨
20%
TRADEVIEW X Leverage口座 100倍(1,000万円以上) 0.01ロット
1,000通貨
100%
LAND-FX LPボーナス口座 200倍(50ロットを超えると) 0.01ロット
1,000通貨
30%
LAND-FX Live口座 200倍(50ロットを超えると) 0.01ロット
1,000通貨
30%
VirtueForex スタンダード口座 0.01ロット
1,000通貨
90%
HotForex PREMIUM 75倍(300,000ドル以上) 0.01ロット
1,000通貨
10%
HotForex ZERO SPREAD 75倍(300,000ドル以上) 0.01ロット
1,000通貨
10%
IronFX 固定スプレッド口座 200倍(500万円〜1,000万円)
100倍(1,000万円以上)
0.01ロット
1,000通貨
20%
TradersTrust クラシック口座 200倍(200万円以上)
100倍(500万円以上)
0.01ロット
1,000通貨
20%
TradersTrust プロ口座 200倍(200万円以上)
100倍(500万円以上)
0.01ロット
1,000通貨
20%
TICKMILL クラシック口座 調査中 0.01ロット
1,000通貨
30%
TICKMILL プロ口座 調査中 0.01ロット
1,000通貨
30%
VIP口座 プロ口座 調査中 0.01ロット
1,000通貨
30%

2. 最大レバレッジが高い海外FX業者ランキングTOP7

早速、最大レバレッジが高い順に海外FX業者を紹介していきます。

2-1. 【最大レバレッジ1位】300口座限定で最大レバレッジ5,000倍「GEMFOREX」

出典:GEMFOREX公式サイト

海外FX業者の中でも最大レバレッジが現時点でもっとも高いのが、GEMFOREXの「レバレッジ5000倍口座」です。この口座は300口座限定で、2020年2月から試験的に提供がスタートされています。キャンペーン開始後すぐに上限数に達して一時停止されましたが、今でも口座一覧に掲載されており、再開が望まれています。

レバレッジ5,000倍ということは、60万円あれば30億円のトレードができる計算になります。ちなみに証拠金残高が200万円以上の場合、レバレッジが500倍に制限されるレバレッジ制限があります。

<GEMFOREX「レバレッジ5000倍口座」の詳細>

最大レバレッジ 5,000倍(証拠金残高200万円まで)
レバレッジ制限 証拠金残高が200万円以上の場合は、レバレッジ500倍に制限されます。
最小注文数 1ロット(10万通貨)
ロスカット水準 20%

通常の口座は最大レバレッジ1,000倍で「オールインワン口座」「ノースプレッド口座」があります。

最大レバレッジ 1,000倍(証拠金残高200万円まで)
レバレッジ制限 証拠金残高が200万円以上の場合は、レバレッジ500倍に制限されます。
最小注文数 0.01ロット(1,000通貨)
ロスカット水準 20%
口座開設はこちら

2-2. 【最大レバレッジ2位】通常口座の最大レバレッジが3,000倍の「FBS」

出典:FBS公式サイト

1位で紹介したGEMFOREX「レバレッジ5000倍口座」はキャンペーンの限定口座ですが、FBSは通常口座の最大レバレッジが3,000倍と、かなりハイレバレッジな海外FX業者です。

FBSには5つの口座タイプがありますが、そのうちの「マイクロ口座」「スタンダード口座」「ゼロスプレッド口座」の3つが最大レバレッジ3,000倍です。ただし、証拠金残高200ドル(約2万円)を超えるとレバレッジが2,000倍に、2,000ドルを超えると1,000倍にと、レバレッジ制限が設けられているので注意しましょう。

<FBS「マイクロ口座」「スタンダード口座」「ゼロスプレッド口座」の詳細>

最大レバレッジ 3,000倍(証拠金200ドルまで)
レバレッジ制限 証拠金残高により、レバレッジが以下に制限されます。

2000倍(200〜2000ドル)
1000倍(2000~5000ドル)
500倍(5000~30000ドル)
200倍(30000~150000ドル)
最小注文数 0.01ロット(1,000通貨)
ロスカット水準 20%

なお「セント口座」は最大レバレッジ1,000倍、「ECN口座」は最大レバレッジ500倍です。

口座開設はこちら

2-3.【最大レバレッジ3位】最大レバレッジ1,000倍は「IS6FX」「HotForex」など

最大レバレッジが1,000倍の口座がある海外FX業者は、IS6FX(旧is6com)、GEMFOREX、FBS、HotForex、IronFX、MILTON MARKETS、instaforexの7ブローカーあります。

このうち、GEMFOREXとFBSは1位・2位ですでに紹介しているので、まだ紹介していない5業者について解説していきます。

①IS6FX(旧is6com)

出典:IS6FX公式サイト

もともとis6comだったものが買収され、2020年10月から新しいFXブローカーに生まれ変わったのが「IS6FX」です。なお、新しいブローカー誕生のキャンペーンとして売り出した100口座限定「レバレッジ6000倍口座」は、開始10分もせずに埋まってしまいました。

通常口座の「マイクロ口座」「スタンダード口座」の最大レバレッジは1,000倍です。証拠金残高が2万ドルを超えると500倍などレバレッジ制限が掛けられるため、ご注意ください。

<IS6FX(旧is6com)「マイクロ口座」「スタンダード口座」の詳細>

マイクロ口座 スタンダード口座
最大レバレッジ 1,000倍(証拠金2万ドルまで)
レバレッジ制限 証拠金残高に応じて、レバレッジが以下に制限されます。

500倍(2万ドル以上)
200倍(5万ドル以上)
100倍(10万ドル以上)
最小注文数 0.01ロット(1,000通貨) 0.05ロット(50通貨)
ロスカット水準 50% 50%
口座開設はこちら

②HotForex

出典:HotForex公式サイト

HotForexには5つのタイプの口座がありますが、そのうち「MICRO口座」の最大レバレッジが1,000倍です。レバレッジ制限の条件が緩いのが条件で、30万ドル(約3,000万円)を超えなければ1,000倍のレバレッジを使うことができます。

ロスカット水準も10%と低いので、ハイレバレッジ取引でもロスカットになりにくいのが特徴です。

<HotForex「MICRO口座」の詳細>

最大レバレッジ 1,000倍(証拠金300,000ドルまで)
レバレッジ制限 証拠金残高が300,000ドル以上の場合は、レバレッジ75倍に制限されます。
最小注文数 0.01ロット(1,000通貨)
ロスカット水準 10%
口座開設はこちら

③IronFX

出典:IronFX公式サイト

IronFXには変動スプレッド口座と固定スプレッド口座がありますが、このうち変動スプレッド口座の3つ(マイクロ・プレミアム・VIP)の最大レバレッジが1,000倍となっています。固定スプレッド口座は最大レバレッジ500倍です。

運営実績10年超で日本人トレーダーにもお馴染みの海外FX業者であるものの、日本人口座の運営会社が金融ライセンスを保有していないことや信託保全を導入していないことから、万が一破綻した場合に少し不安が残る業者です。

<IronFX「変動スプレッド口座」の詳細>

最大レバレッジ 1,000倍(証拠金300,000ドルまで)
レバレッジ制限 証拠金残高により、レバレッジが以下に制限されます。
500倍(10万円〜500万円)
200倍(500万円〜1,000万円)
100倍(1,000万円以上)
最小注文数 0.01ロット(1,000通貨)
ロスカット水準 20%
口座開設はこちら

④MILTON MARKETS

出典:MILTON MARKETS公式サイト

MILTON MARKETS(ミルトンマーケッツ)には3つの取引口座タイプがありますが、このうち「SMART口座」の最大レバレッジが1,000倍となります。ただし証拠金が1001ドル(約10万円)以上になるとレバレッジが制限されて下がってしまうので注意が必要です。

レバレッジ制限が厳しいうえにロスカット水準が100%と国内FX業者レベルに厳しいため、少額のハイレバレッジトレードには向いていません。スプレッドの狭さを重要視したいトレーダー向けのブローカーです。

<MILTON MARKETS「SMART口座」の詳細>

最大レバレッジ 1,000倍(証拠金10万円まで)
レバレッジ制限 証拠金残高により、レバレッジが以下に制限されます。
500倍(1001ドル~10,000ドル)
200倍(10,001ドル以上)
最小注文数 0.01ロット(1,000通貨)
ロスカット水準 100%
口座開設はこちら

⑤instaforex

出典:instaforex公式サイト

instaforex(インスタフォレックス)はロシアで設立されたFXブローカーで、4種類用意されている口座タイプ全てで最大レバレッジ1,000倍の取引が可能です。
ただし日本語サポートや日本円口座はなく、口座開設時には自分で英語翻訳した書類を用意する必要があります。そのため、英語に自信がない方にはあまりおすすめできません。また、出金トラブルなどトレーダーからの評判もあまり良くないため、安全性・信頼性を求める方にも向いてません。

①Insta Standard
②Insta Eurica
③Cent Standard
④Cent Eurica
最大レバレッジ 1,000倍(証拠金1,000ドルまで) 1,000倍
レバレッジ制限 証拠金残高に応じて、レバレッジが以下に制限されます。
600倍(1,000ドル以上)
100倍(5,000,000ドル以上)
50倍(20,000,000ドル以上)
レバレッジ制限はないが、最大入金額が1,000ドルまで。
最小注文数 0.01ロット(1,000通貨) 0.1ロット(10通貨)
ロスカット水準 10% 10%
口座開設はこちら

3. 海外FX口座でハイレバレッジ取引をするメリット

海外FX口座でハイレバレッジ取引をするメリットは、500倍などかなり高い倍率までレバレッジを掛けられるため、少額の資金(証拠金)でも効率よく稼げるということです。

国内FX業者の場合は最大レバレッジが25倍までと規制されています。つまり、1万円の資金から始めた場合、最大でも25万円の資金にしかなりません。ところが、例えば最大レバレッジ500倍の海外FXなら500万円の資金でトレードを開始できるのです。

このように、レバレッジが高いほど資金効率を高めることができます。

4. 海外FX口座でハイレバレッジ取引をするデメリット

一方、海外FX口座でハイレバレッジ取引をするデメリットは、熱中しすぎてしまうとポジション量の管理と資金管理が難しくなってしまうことではないでしょうか。

レバレッジが高ければ高いほど、少しの値動きで大きく儲けることができますが、裏を返せば少しの値動きで多くの財産を失ってしまう場合もあります。損をした時に損を取り戻そうとして冷静な判断ができなければ、さらに大損をしてしまいかねません。

少ない証拠金でたくさん取引できる海外FXは、冷静にポジション管理や資金管理できるトレーダーに向いているといえるでしょう。

ただし、海外FXには「ゼロカットシステム」(口座資金以上の損失を業者が負担してくれる仕組み)があるため、証拠金以上の損失を負うことがないのはメリットといえます。

5. 海外FXのハイレバレッジではどのくらい稼げるか検証

出典:FX証拠金シミュレーター

最大レバレッジ25倍の国内FX口座と比べて、実際ハイレバレッジの海外FX口座はどのくらい稼ぐ力が違ってくるのか、「FX証拠金シミュレーター」を使って検証していきます。

最大レバレッジは500倍の場合を想定して計算してみます。レバレッジ制限など細々とした条件は考慮していません。

<計算の条件>
純資産額(スタート金額):10,000円
レバレッジ:500倍
通貨ペア:USD/JPY
レート:105
エントリー:買
取引数量:その時点での最大可能枚数(小数点以下切り捨て)
ロスカット水準(証拠金維持率):20%
利確pips:+50pips

純資産額1万円からスタートし、利幅を50pipsとしてシミュレーションしてみました。

トレード回数 取引数量(10,000通貨) 累積額(カッコ内は一回の利益)
1 4 3,0000円(+20,000円)
2 14 100,000円(+70,000円)
3 47 335,000円(+235,000円)
4 159 1,130,000円(+795,000円)
5 538 3,820,000円(+2,690,000円)
6 1,819 12,915,000円(+9,095,000円)

結果はご覧の通りで、初期資金1万円からスタートしてなんと6回目の取引で累積の利益が1,000万円を超えました

もしこれがレバレッジ25倍の国内FX口座だったらどうかもシミュレーションしてみました。最大レバレッジを25倍に変更して計算した結果が以下の通りです。

トレード回数 取引数量(10,000通貨) 累積額(カッコ内は一回の利益)
1 0.2 11,000円(+1,000円)
2 0.2 12,000円(+1,000円)
3 0.2 13,000円(+1,000円)
4 0.3 14,500円(+1,500円)
5 0.3 16,000円(+1,500円)
6 0.3 17,500円(+1,500円)

結果は明らかですね。先ほどと同じように6回トレードした結果、1万円からわずか7,500円増えただけという結果になりました。このペースでは、利益が1,000万円を超えるのには相当時間がかかることが分かりますね。

シミュレーション結果を比べてみると、ハイレバレッジがどれだけ資金効率が良いかが分かります。もちろん、こんなに理想通りにいくことは難しいでしょう。ただし、経済指標時など相場が大きく動くタイミングを狙ってトレードすれば、たった6回のトレードでも大きく資産を増やせることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

6. 海外FXのハイレバレッジ取引が向いている人・向いてない人

これまで解説したように、海外FX口座を使ったハイレバレッジ取引にはメリットもデメリットもあります。あらためて、海外FXのハイレバレッジ取引が向いている人と向いていない人を定義してみたいと思います。

6-1. 海外FXのハイレバレッジ取引が向いている人

海外FXのハイレバレッジ取引が向いている人は、以下のような人です。

<海外FXのハイレバレッジ取引が向いている人>

  • 証拠金にできる初期資金が少ない人
  • レバレッジを使い分けたい人
  • 損切りできる人
  • 冷静に判断できる人
  • 初心者や経験が少ない人

何度も述べているように、少ない証拠金でも大きな取引ができるのがハイレバレッジ取引の良いところです。「FX取引をしたいけれど軍資金が少ない…」という方はハイレバレッジなら資金が増えるので向いています。

また、無理なトレードを行わないならば、初心者にこそ向いているのがハイレバレッジ取引です。同じ取引量の取引をする場合、レバレッジが高いほど必要な資金を減らすことができるので、むしろハイレバレッジの方がリスクを減らせます。10万円の資金を1回で全て使うよりも、レバレッジ100倍を掛けて1,000円の資金を費やす方が、失敗しても手元に残るお金は多くなるのです。

ただし熱くなってしまうと一瞬で多くの資金を失う危険性もあるため、冷静に判断できる人、損切りをしっかりできる人に向いているといえます。

6-2. 海外FXのハイレバレッジ取引が向いている人

逆に、海外FXのハイレバレッジ取引が向いていない人は、以下のような人です。

<海外FXのハイレバレッジ取引が向いていない人>

  • 損切りなどルールが徹底できない人
  • 資金管理ができない人
  • 熱くなってしまう人
  • 余剰資金以外のお金(生活費など)を使ってしまう人

ハイレバレッジ取引が向いていないのは、損切りなど自分で決めたルールを徹底できない人や資金管理ができない人です。また、普段はできていても、損したときなどに熱くなって取り返そうと向きになってしまうタイプには向いていません。

初心者にこそハイレバレッジがおすすめといいましたが、損切りに抵抗があるうちは、高いレバレッジを掛けての取引はしない方が良いでしょう。

7. 海外FX口座でレバレッジを利用する場合の注意点

最後に、海外FXでハイレバレッジ取引をする際に注意したいポイントを紹介します。

7-1. 銘柄によっては最大レバレッジが異なる場合がある

最大レバレッジは、あくまで「最大の」レバレッジであることに注意しましょう。最大レバレッジ500倍とは、最大で500倍のレバレッジを掛けられるという意味で、条件によっては100倍、50倍など制限される場合があります。

証拠金残高によるレバレッジ制限については前述しましたが、それ以外にも、通貨ペアによってレバレッジが制限される場合があります。これまでに紹介した最大レバレッジは、メジャー通貨ペアで取引される場合のレバレッジを示しています。

マイナー通貨ペアやCFD銘柄などでは多くの場合で、それぞれ異なる最大レバレッジが決められています。取引の際には十分注意しましょう。

7-2. 経済指標発表時や大きなイベント時には規制されることがある

FXブローカーによりますが、経済指標発表時や世界的なビッグイベント時に、最大レバレッジが制限されるケースがあります。例えば雇用統計の発表時や大統領選挙、国民投票などが該当します。

一方向に向かって大きく相場が加熱しそうな局面ではレバレッジ制限がかかる可能性があることを覚えておくと良いでしょう

まとめ

この記事では、ハイレバレッジの観点から海外FX口座の比較ランキングを紹介した後、海外FX口座でハイレバレッジ取引を行うメリット・デメリット、注意点などを紹介しました。
今回は最大レバレッジごとにランキングを紹介しましたが、「もう少し安全面や操作性の良さなどで海外FX業者を選びたい」という方は、「おすすめ海外FX業者の比較ランキングTOP10!目的別にベストな業者が選べる」の記事もぜひお読みください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本人利用者No1のXM Trading(XMトレーディング)

おすすめ度 ★★★★★

日本でも認知度も人気度も一番高い海外FX業者です。XMは世界に70万人以上の顧客を持つグローバルな海外 FX業者です。従業員数も180名を超え、日本人スタッフも15名以上在籍しています。
日本語サポートも充実しており、チャットでサポート対応もしてくれます。そういった経緯から現在日本人利用者が最も多い業者で、初心者から上級者まで幅広い層から定評がある会社です。
どこに口座開設をしようかな?と悩んでいる人はまず手始めにXMをおすすめします。

PCでもスマホでも利用可能で、日本語対応もバッチリです。日本人利用者が一番多い事から情報も多く安心して利用できます。


口座開設はこちら

コメント

コメントを残す

*