海外FXコラム XMの口座が凍結されたらどうする?対処法と原因を分かりやすく解説

XMの口座が凍結されたらどうする?対処法と原因を分かりやすく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「久しぶりにXMで取引しようと思ったら口座凍結されていた!」

「残高がまだあったはずなのに、ログインすらできなくなっている!」

このような事態に遭遇すると、誰しも焦ってしまいますよね。

実はXMは、規約違反行為をしていなくても、一定期間取引をしていないだけで口座凍結されてしまう仕組みになっているのです。さらに、口座凍結されてしまうと、預けていた残高がゼロになってしまうだけでなく、口座を新しく作り直さなければなりません。

つまり、口座凍結になる流れやルールを知らないだけで損してしまう危険性があります。

この記事では、XMの口座凍結について深く理解するために、以下を解説していきます。

この記事を読むと分かること

◎一度口座が凍結されてしまうと、復活はできない➡作り直すしかない
◎残高を入れていたとしても、口座凍結時にはゼロになった状態
◎XMで口座凍結される原因は2つ
 ・一定期間XMで取引が無い状態が続いたから
 ・XMが禁止している事項を行ったから
 ➡稼ぎ過ぎで口座凍結されることは無い!
◎口座凍結されると、口座開設ボーナス・入金ボーナス・XMポイントも無くなる
◎口座凍結されないためには、ポジションを少額保有しておく方法がおすすめ

すでに口座が凍結されてしまった方は、残念ながら今回はあきらめるしかありません。しかし、XMで今後も取引を続けたいならば、次回は同じ失敗をしないよう、しっかりと対策を講じておきましょう

ぜひ最後までお読みいただき、口座凍結されて損しないための知識を身に着けてください。

1. XMの口座が凍結されたら復活はできない

XMでは、規約違反をした場合や一定期間利用しなかった場合に、口座が凍結されることがあります。口座凍結されてしまうと以下のようなメッセージが表示され、ログインができなくなります。

【注意】クライアント様へ。以下の「ログインできません」という画像は、あくまでサンプルとして入れてあります。詳しくはコメントをお読みください。

ログインできません

弊社の記録によりますと、お客様は現在凍結されているXMリアル口座を保有されています。 XMリアル口座を新規に解説していただきますよう願い申し上げます。口座開設はこちらをクリックしてください。

口座凍結されると二度と使えない口座となってしまい、残念ながら凍結された口座を復活させる手段はありません

出典:XM Trading>よくある質問

口座が凍結された時の対処法としては、新規で口座を作り直すしかありません。少々面倒ではありますが、最初に新規口座開設した時と同じ要領で、以下のボタンから新しく口座を開設しましょう。

XMTradingの口座開設はこちら

同じ名義で口座開設すれば審査も早く済むため、当日か1営業日以内には取引を再開できるようになります。


なお、同じ名義で口座を作り直した場合、新規口座開設ボーナスを再度もらうことはできませんが、入金ボーナスは上限まで引き継ぐことができます。ボーナスについての詳細は、「4. XMが口座凍結された場合のボーナスの扱い」をご覧ください。

注意!

新規口座開設ボーナスを再度もらいたいがために、メールアドレスを変えるなどしてボーナスを二重取りしてしまうと、XMが指定する不正行為に当たりペナルティが課せられる可能性があります。不正行為は決して行わないようにしましょう。

2. XMで口座凍結されてしまう原因は2つ

XMで口座凍結されてしまう原因は以下の2つです。

【原因1】口座休眠後、残高がゼロになって90日経過した場合
【原因2】規約違反があった場合

これ以外の原因、例えば「稼ぎすぎたから」などが原因で口座凍結されてしまうことは一切ありませんのでご安心ください。

2つの原因について詳しく見ていきます。

2-1. 【原因1】一定期間XMを利用していなかった場合

規約違反に該当するような不正行為を行っていなくても、一定期間、XMでの取引がない状態が続くと口座凍結されてしまいます。

取引がない状態とは、入金・新規注文・ポジションの決済・ポジション保有がないことを意味します。

  1. 取引がない状態が90日間続く
  2. 休眠口座とみなされ、毎月5ドルの口座維持手数料が引かれる
  3. 少しずつ口座残高が減り、ついには残高がゼロになる
  4. 残高ゼロの状態が90日間が経過すると口座が凍結される

※口座凍結までの詳しい流れは「3. XMが口座凍結されるまでの流れを図解」で説明しています。

例えばXMで口座開設をしたものの一度も取引も入金もしなかった場合、開設してから90日後に休眠口座になり、残高はもともとゼロなのでその90日後に口座凍結となります。最短で180日(半年)で口座が凍結されてしまうことになります。

全くログインしていなければ休眠口座になっていることにも気付かないでしょうから、「久しぶりに取引してみようとアクセスしたら口座凍結されていた…」というケースも多く聞かれます。

2-2. 【原因2】規約違反があった場合

口座凍結のもう一つの原因は規約違反です。XMの利用規約に違反をしてしまうと、問答無用で口座凍結になります。

XMで禁止されている取引とは?

①同一口座以外での両建て取引
②裁定取引(アービトラージ)
③接続遅延・レートエラーを利用した取引
④ボーナスやXMポイントの不正取得
⑤窓開けを狙ったハイレバレッジ取引

この場合は、取引がない期間などは全く関係なく、XMが規約違反を知った時点で即・口座凍結となります。

2-3. 稼ぎすぎで口座凍結されることはない

XMの口座が凍結される原因は上記の2つのみです。「稼ぎすぎたら口座凍結される」という噂は全くのウソなので安心してください。

海外FX業者にはさまざまな業者があるため、中には悪徳業者に引っかかってしまい、突然口座が使えなくなったという噂を聞いたことがあるかもしれません。しかしXMは海外FX業者の中でも超優良で安全性の高い業者なので、XMに限ってはそのようなことは一切ありません

もちろん、XMの規約に反する行為で荒稼ぎした場合は口座凍結されるため、絶対に規約違反は行わないようにお願いいたします。

3. XMが口座凍結されるまでの流れを図解

XMで取引がないと、次のような流れで口座が凍結されます。

①取引がない状態が90日間続く
②休眠口座とみなされ、毎月5ドルの口座維持手数料が引かれる
③少しずつ口座残高が減り、ついには残高がゼロになる
④残高ゼロの状態が90日間が経過すると口座が凍結される

①取引がない状態が90日間続くと休眠口座になる

取引も入金もしない状態が90日間続いた口座は、自動的に「休眠口座」扱いになります。休眠口座になると、毎月5ドルの口座維持手数料が発生し、少しずつ口座残高が減っていきます。

②口座残高ゼロになって90日後に口座凍結になる

口座維持手数料によって減っていった残高は、放っておけばゼロになります。ゼロになってから90日が経過すると、口座凍結となります。

前述した通り、口座凍結になってしまえば、その口座を復活させることはできません。凍結される前日まで(残高がゼロになってから89日まで)に気付いて入金や取引を行えば、通常口座に戻すことができます。

4. XMが口座凍結された場合のボーナスの扱い

XMが口座凍結されてしまった場合、今まで貯めたボーナスがどうなるか気になる方も多いのではないでしょうか。XMでもらえる3種類のボーナスそれぞれについて、口座凍結後にどうなるかまとめました。

4-1. 口座開設ボーナス

XMでは、新規口座開設を行うだけで、通常3,000円の有効証拠金がもらえる口座開設ボーナスがあります。(時期によっては5,000円もらえることもあります。)

しかしこの口座開設ボーナスは、XMでの取引がない状態が90日間続いて休眠口座になった時点で消滅します。つまり、口座凍結される前段階でボーナスはゼロとなっており、口座凍結に気付いた時にももちろんゼロになった状態で、復活はできません。

なお、口座開設ボーナスがもらえるのは一人一回までと決まっているため、口座凍結されて、新たに口座を作った場合はもらうことはできません。

4-2. 入金ボーナス

XMの入金ボーナスとは、XM口座に入金した場合に入金額に応じた有効証拠金がもらえる仕組みです。500ドルまでは入金額の100%相当額が、それ以降は最大4,500ドルまで20%相当額をもらうことができます。

この入金ボーナスも、口座開設ボーナス同様、休眠口座になった時点で消滅します。つまり、口座凍結時点ではゼロになってしまっており、復活はできません。

ただし、口座凍結後に口座を作り直した場合、まだ受け取っていない入金ボーナス上限まではもらうことができます。例えば口座開設後に300ドルしか入金していなかった場合は、残りの200ドル入金までは100%入金ボーナスを、それ以降は最大4,500ドルまで20%入金ボーナスを受け取ることができます。

4-3. 取引ボーナス(XMポイント)

XMには、取引するごとにXMPというポイントが貯まる仕組みがあり、他の海外FX業者には無い仕組みとして人気を博しています。

このXMポイントも、他のボーナス同様、休眠口座になった時点で消滅してしまいます。口座凍結時にはすでにゼロとなっており、復活はできません。

口座凍結して口座を作り直した場合、一から取引ボーナスを貯めていくこととなります。

5. これで口座凍結されない!やっておきたい2つの対策

口座凍結してしまうと、せっかくもらったボーナスは全て没収となりますし、口座残高もゼロになってしまいます。さらに、口座にログインできなくなり新しく口座を作り直さなければならなくなります。

こうした事態を防ぐためにできる対策を2つ紹介します。

5-1. 少額でもポジションを保有しておく

口座凍結になってしまうケースで多いのが、「しばらくの間、XMを放置してしまった」というケースです。こうした場合、久しぶりにアクセスしたら口座が凍結されていた…と気付いて後悔することになります。

そうならないためにできることは、取引しない期間が90日経過しないように気をつけることです。具体的に何をすれば良いかと言うと、以下のいずれかの行為を90日の間に必ずするようにします。

  • 入金する
  • 新規注文を出す
  • ポジションの決済をする
  • ポジションを保有する

そうは言っても、忙しい毎日に追われているうちに、忘れてしまいがちですよね。

そんな方におすすめなのが、常に最小単位でのポジションを保有しておくことです。例えば、XMのマイクロ口座では0.01ロット(10通貨)からトレードできます。ポジションを持っている=XMで取引をしている状態となるため、口座休眠や口座凍結を防ぐことができるのです。

5-2. 規約違反になる行為を確認しておく

もう一つの対策としては、規約違反になるような行為を行わないことです。ここで注意しておきたいのは、知らず知らずのうちに規約に反するような行為を行っていないか、必ず確認しておく必要があるということです。

本人に悪意はなく、規約違反になると知らなかったとしても、XMがNGとしている行為をしてしまうと、口座凍結される可能性があります。

具体的にどのような行為が禁止されているのか、次の章で詳しく見ていきましょう。

6. 口座凍結になりかねない規約違反を再チェック

XMが禁止している行為をしてしまうと、最悪の場合は一発で口座凍結されてしまう可能性があります。そうならないためにも、何が禁止されている行為なのか、事前に把握しておく必要があります。

「禁止だなんて知らなかった…」と後で悔やむ羽目にならないよう、しっかり理解しておきましょう。

6-1. 同一口座以外での両建て取引

XMでは、同一口座での両建て取引は禁止されていません。しかし、複数口座間での両建て取引や、別業者の口座との間での両建て取引は禁止行為に該当します。

こうした取引が確認されると口座凍結の対象となるので注意しましょう。

6-2. 裁定取引(アービトラージ)

裁定取引(アービトラージ)とは、業者間のレートの違いを利用して利益を得ようとする取引を言います。

XMではこの裁定取引を禁止しているため、禁止事項が見つかると口座凍結の対象となります。

6-3. 接続遅延・レートエラーを利用した取引

接続遅延やサーバーの不調などにより、FX業者が意図しないレートが表示されることがあります。こうした状況を悪用して利益を得る行為は、XMの禁止行為となります。

経済指標発表時や重要な世界的イベントが発生した場合にエラーは起きやすいのですが、こうした助教を悪用して不正に利益を得るような行為は絶対にやめましょう。

6-4. ボーナスやXMポイントの不正取得

ボーナスやXMポイントの不正取得も、XMが禁止している事項に当たります。

例えば、口座開設ボーナスを得るために家族の名義を借りる行為や、XMポイントを稼ぐことを目的とした両建て取引などが該当します。

ボーナスシステムを悪用して利益を得ようとする行為を行わないよう気をつけましょう。

6-5. 窓開けを狙ったハイレバレッジ取引

月曜日のマーケット開場時には、土日に起きた経済的な出来事や政治的イベントの影響を受けて、大きくレートが動いた状態から始まることがあります。こうした状態を「窓開け」といいます。

こうした窓開けを利用してハイレバレッジで利益を得ようとする行為は、XMで禁止されています。

悪質と判断されると口座凍結の対象になりかねないので、気をつけましょう。

7. XMの口座凍結についてのQ&A

最後に、XMの口座凍結についてよくある質問をまとめました。ざっと目を通して、知識として頭に入れておくと良いでしょう。

7-1. 口座凍結されたら出金できる?

口座凍結されてしまう=ログインできない状態なので、出金はできません。そもそも、口座残高がゼロになってから90日後に口座が凍結されるため、出金する残高が無い状態です。

取引が無い状態が90日間続いて口座が休眠になると、毎月5ドルの手数料が引かれていってしまうため、最終的には残高はゼロになってしまうのです。

休眠状態になっている時点で気付けば出金は可能なので、XMの口座はできるだけ放置せずにアクセスすることをおすすめします。

7-2. 口座凍結後に確定申告用の年間取引報告書は取得できる?

口座凍結=ログインできない状態なので、口座凍結後に自分で年間取引報告書をダウンロードすることはできません。

その場合は、サポートに連絡して書類を作成してもらえるようお願いしましょう。XMのサポート窓口は、日本語ライブチャットまたはメールで受け付けています。詳しくは、XM公式サイト>サポートをご覧ください。

7-3. スキャルピングで口座凍結されることはある?

FX業者によってはスキャルピングを禁止している業者もありますが、XMはスキャルピングを公式で認めているため、スキャルピングが理由で口座凍結されることはありません。

以下の画像の通り、XM公式サイトで「スキャルピングを認めていること」を明らかにしていますので、ご安心ください。

出典:XM公式サイト>カテゴリー別よくあるご質問

7-4. 口座にあった残高はどうなってしまったの?

口座が休眠状態になると毎月5ドルの手数料が毎月発生し、残高は少しずつ減っていきます。そのまま口座残高がゼロになると口座凍結の対象となります。

XM口座に残高を入れた状態で長い間取引せずに放置してしまうと、口座残高が減ってしまうので注意してください。

まとめ

この記事では、XMの口座凍結に関わる情報を解説しました。

「久しぶりにXMログインしたら凍結されていた!悪いことしてないのになぜ?」という声をSNSで目にすることがあります。XMの場合、規約違反行為をしていなくても、取引がない状態が続くと口座凍結されてしまう点に注意が必要です。

このことを知っていれば、少額でポジションを持っておくことで口座凍結を回避できますが、知らなければ口座残高をむやみに減らしてしまう羽目になります。

今回の記事を参考に、口座を凍結させない対策をしっかりと講じておき、損しないようにしておくことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本人利用者No1のXM Trading(XMトレーディング)

おすすめ度 ★★★★★

日本でも認知度も人気度も一番高い海外FX業者です。XMは世界に70万人以上の顧客を持つグローバルな海外 FX業者です。従業員数も180名を超え、日本人スタッフも15名以上在籍しています。
日本語サポートも充実しており、チャットでサポート対応もしてくれます。そういった経緯から現在日本人利用者が最も多い業者で、初心者から上級者まで幅広い層から定評がある会社です。
どこに口座開設をしようかな?と悩んでいる人はまず手始めにXMをおすすめします。

PCでもスマホでも利用可能で、日本語対応もバッチリです。日本人利用者が一番多い事から情報も多く安心して利用できます。


口座開設はこちら

コメントを残す

*