TitanFX 一番稼げる海外FX業者を徹底比較してお伝えする海外FX比較サイトです。

まずはチャレンジあるのみ!!海外FXに挑戦!!
VOICE
Q&A
最終更新日:2018/08/21

ご利用者12,455人

ナビ
titanfx

TitanFXとは?

低スプレッド、高約定力というスペックを持ち日本に上陸した新興ブローカーです。2014年にニュージーランドで起こった会社で、ニュージーランドのFSPRからライセンス(No.FSP388647)を交付されています。

日本語サポートは、チャットだけでなく電話やEメールでも受けられるという充実ぶりです。対応時間も日本時間の23時まで延長されたため、取引が活発となるニューヨーク市場が開く時間帯でも日本語サポートを受けることができます。

短期売買系のEAトレードや、ハイレバレッジでスキャルピングする取引をメインとしたいトレーダーに、特におすすめの海外FX業者です。

こんなとこがおすすめ!

  • NDD方式を採用
  • スプレッドが狭い
  • レバレッジ500倍
  • 口座開設時本人確認書類不要
  • 日本語サポート
  • 追証なしのゼロカット採用

ここが残念

  • ボーナスがない
  • 一部出金手数料がかかる

TitanFXはスプレッドや約定力など、トレード
環境に力を入れているのがわかるね。

口座開設はこちら

TitanFX利用者からの評判

人物1

FX歴7年 40代男性

以前までほかの海外FX業者を利用していましたが、スプレッドの広さが気になっていたので、低スプレッドに定評があるTitanFXを利用してみました。実際にトレードを始めると、そのスプレッドの狭さに驚きました。新興ブローカーということで若干の不安はありましたが、今のところスムーズに取引が行えているので満足しています。

現在:+800万
人物2

FX歴5年 20代男性

国内FXを利用していた時のレバレッジ規制に慣れてしまった時には「海外FXは怖い」というイメージがありましたが、コントロールさえ出来れば高レバレッジで取引ができる海外FXの方が優れている事に気がつきました。

現在:+100万
人物3

FX歴1年 30代男性

スプレッド・レバレッジ・カスタマーサポートともに一切の不満がありません。特にカスタマーサポートの面では、いつも迅速に問題を解決してくださるのでとても信頼しています。入出金のトラブルもありませんし本当に優良な業者です。

現在:-50万

TitanFXの魅力4つ

魅力その1完全NDD方式の採用

NDD(ノーディーリングディスク)方式とは、間にディーラーを通さず取引をする方式です。そのため、トレーダーに不利な約定は一切なく、非常に透明性がある取引環境となります。ユーザーが取引をするほどTitanFXも儲かる仕組みなので、取引制限は一切ありません。

魅力その2豊富な取扱銘柄

通貨ペア63種、貴金属6種、資源3種、株価指数CFD11銘柄を取り扱っています。貴金属では金・銀のほかにも、プラチナやパラジウム、資源ではブレンド原油、WTI原油、天然ガスを揃えています。

魅力その3超高約定力

高約定力の理由であるTitanFXのサーバーは、世界6250もの企業が使用するほど優れているEQUINIX社のEquinix NY4 データセンターに配置されています。オーダー執行率は99.999%で、リクオートもありません。

魅力その4スプレッドの狭さ

TitanFXでは、スタンダード口座(STP)とブレード口座(ECN)の2種類から口座を選ぶことができます。特に、ブレード口座のスプレッドの狭さは海外FX業者の中でもTOPクラスです。TitanFXの日本円、米ドル間の平均スプレッドは0.3pipで、この数字はほかの海外FX業者の3割以下の水準となっています。

信頼性について

TitanFXはニュージーランドのFPS金融ライセンスを取得しており、このライセンスはほかのライセンスに比べて審査が緩く、それほど取得が難しくありません。

審査と規制が強いところで金融ライセンスを取得すると、顧客に対してうちの会社は安全性が高いというアピールにはなりますが、金融監督機関からの規制を受け、サービスの自由度が低くなったり、営業の継続が困難になったりする懸念が生まれます。

比較的規制が緩く、日本の金融庁との繋がりが薄い国のライセンスを取得することによって、突然の日本人向けサービスの停止を防ぐことが、ニュージーランドのライセンスを取得した理由の一つとして挙げられます。

ニュージーランドには信託銀行がないため、信託保全はオーストラリアのNABの信託口座で、経営資金とは分別管理されています。NABというのは、6000億ドルの資産管理額と150年以上の歴史を誇るオーストラリア最大の銀行です。もし、TitanFXが倒産することになってしまっても、顧客資金にTitanFX側が手をつけることは難しいと考えていいと思います。

口座開設はこちら

出金の種類

TitanFXでは下記のような出金方法があります。出金時には本人確認が必要となります。

国内銀行送金 海外銀行送金 クレジットカード マイビットウォレット NETELLER SKRILL

TitanFXで(は2018年5月調査)マイビットウォレットに対応しています。mybitwalletは、オンラインウォレット(電子財布)です。mybitwalletに無料開設した自分用のウォレットに入金(チャージ)し、そのチャージしたお金を元に、ネットショッピングで支払い(決済)や、相手への送金をすることができます。もちろん、相手からお金を受け取ることも、チャージしたお金を自分の銀行宛に出金することもできます。

TitanFXの総合評価

★★★★☆

スキャルピングをメインとするトレーダーは特に、TitanFXを試さない手はないでしょう。業界屈指の低スプレッド、高約定力、そして何より日本語サポートが手厚い点は大きく評価できます。確かに、ライセンスの信頼性は低く、ボーナスがないなどというデメリットは存在しますが、それらを差し引いても、メリットのほうが上回る海外FX業者であると感じています。2014年に起こった新興業者でありながらも、ハイスペックを備え、実績を着実に伸ばしてきているので、一度は試していただきたい海外FX業者です。

口座開設はこちら

事前準備をしっかりと!

事前準備をしっかりとする事。まずは入金してトレードしてみて実際どうなのかをしっかりと自分の目で確かめてください。急にやろうとしてもすぐに出来る保証はありませんし、相場に今行きたい!って思っていても参入できず稼ぐチャンスを失ってしまいます。入金も本人確認も簡単に出来ます。いいなと思っていても少額を失う事を恐れて参入しない人はたくさんいます。

正直この海外FXはある程度知識を身に着けてトレードの基本さえ出来れば稼げます。負けは追証なしなのでマイナスの限度額が決まっているからです。小さく負ける事が自動で出来る程強い事はありません。そこらの宝くじよりよっぽど稼ぐチャンスがあります。

口座を開いたらチャンスを失わないように、まずは少額でも入金、実際トレード、を行って感覚を掴んでくださいね。

海外FXには高いリスクが伴います。当記事は海外FX一般に関する情報提供を目的とし、また海外に住む日本人向けに作成されたサイトです。日本国内在住者に対し投資の勧誘を目的としたものではありません。また、正確性、安全性を保障するものではありません。情報が古い場合もございますので、最新情報は公式サイトで確認、不明な点は各会社の公式サイトへお問い合わせください。当サイトの情報に基づいて被ったいかなるトラブルや損害についても一切責任を負いません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

期間限定で海外FXの稼ぎ方を公開しています。なんで国内が駄目なのか、何故海外がいいのか読んでみて考えてみてください。あなたが納得する方でトレードしてみてください。

稼ぎ方